これは takopom.net が保存したキャッシュです。 このページは 2016-05-29 08:05:21 に取得されたものです。
元のページはhttp://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160529/CK2016052902000028.htmlです。
スタイル情報は保存していないので、レイアウトまでは再現しません。
工芸額縁に伊勢型紙 津・小山さんが120点展示:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)

トップ > 三重 > 5月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

工芸額縁に伊勢型紙 津・小山さんが120点展示

伊勢型紙の周りをリリアンで編み込んだ作品などが並ぶ会場=津市美里町北長野の美里ふるさと資料館で

写真

 津市小舟の小山貞介(ていすけ)さん(71)が、伊勢型紙や写真の周りを手芸用糸のリリアンで円形に編んだ「工芸額縁」作品を並べた展示が、津市美里町北長野の美里ふるさと資料館で開かれている。六月二十九日まで。

 長年、独学で創作を続ける小山さんが、この二年間で制作した百二十点を展示した。ヒツジやフクロウなどを描いた伊勢型紙をガラス板で挟み、六十四個の切り込みを入れた厚紙製の円い額縁で固定し、複数の色のリリアンを切り込みに掛けて編み上げる。小山さんは「伝統的な伊勢型紙とリリアンとの共演を楽しんでほしい」と話す。月曜休館。会場では作品が当たる抽選も実施している。

(黒籔香織)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

Search | 検索